業者の施工方法を知る~水のトラブルを防ぐ~

シャワーが壊れた時には正しい方法で対処し修理をしましょう シャワーが壊れた時には正しい方法で対処し修理をしましょう

業者で行なっている施工内容について

シャワーに不具合が出た場合、業者に依頼する方もいることでしょう。その際に、施工の事例とポイントを把握した上で業者に依頼をすると、流れがスムーズになります。ここでは依頼する際のポイントと、施工の事例をご紹介します。

業者が解説!シャワー交換の施工事例

劣化サインが出ていたので交換しましした(40代/男性 水道修理業者)

シャワーヘッドの傷と汚れ、給湯配管の部分の劣化などを確認したところすべて交換対象のサインが出ていたので対応しました。この際の作業は、まず、点検口を開けて内部の点検。配管とそれに接する部品の状態を逐一確認していきます。そのあと、シャワーヘッドの位置を確定させたら既存の器具類をすべて撤去して、新しい配管と器具を組み立てていくように作業していきます。

シャワー水栓の交換を行ないました(30代/男性 水道修理業者)

お客様から、浴室の水の止まりが悪いとのことで修理の依頼を受けました。点検をしてみると、修理だけでは費用が高額になると判断したため、交換をご提案させていただきました。少量の水漏れだったのですが、新しくつけた水栓も勝手が前よりよくメッキがキレイで気持ちが良いです。こういった小さな不具合でも、放置すると大きな被害に拡大する可能性があるので、遠慮なくご相談ください。

業者の見積もり比較をすることも大事

水のトラブルで業者を依頼する際、決して安くはないシャワーの修理や交換。業者によって、修理にかかる費用に違いがあるので複数の業者に見積もりを出してもらい、比較することをおすすめします。修理をする担当者が、実際に現場を目で見て確認し、修理や工事が必要な箇所を洗い出すことで正確な見積もりを出しています。その際に要望があれば相談することもできます。

TOPボタン